ご挨拶

ごあいさつ

私のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。行政書士で板橋区議会議員の長瀬達也でございます。今日まで板橋区議会議員を2期8年務めさせていただきました。現在は板橋区監査委員でもあります。初当選から現在まで、私の師匠である河村たかし名古屋市長と一貫して連携し、板橋区政の改革を行ってまいりました。私の政策や日々の活動については別のページに記載されておりますので、そちらをご参照いただきたいと思いますが、私がなぜ板橋区議会議員を目指し、現在まで活動を続けているのかを書かせて頂きました。是非ご覧いただきたいと思います。

 

「弱者救済」それが私の原点

1.なぜ政治を志したのか

私が大学在学中の1999年11月28日に東名高速飲酒運転事故が発生しました。これは飲酒運転のトラックが普通乗用車に衝突して起きた交通事故です。この事故により幼い姉妹が亡くなりました。炎に包まれる自動車、その中にいるわが子を助けようと夫婦は必死に努力したそうです。しかし、残念ながら子どもを失ってしまった夫婦。子どもが体験した怖さ、夫婦の無念を思うと、トラック運転手に対する怒りが今でもこみあげてきます。

当時司法試験を受験していた私は、この裁判の行方を見守っておりました。常習的に飲酒運転していたこのドライバーは、動く凶器そのものであり、法律的にはどうあれ気持ちとしては殺人罪が適用されてもおかしくないと当時の私は思いました。しかし、当時このような犯罪を裁く法律がなく業務上過失致死傷罪で検察の求刑5年に対して、下された判決は4年の実刑とあまりにも軽すぎる刑となりました。事故を起こすことを予見しながら飲酒運転を続けてきたこのドライバーの行為は単なる「業務上過失」ではありません。事故で人を殺すかもしれないけれども、それもいとわず飲酒運転を続けた殺人に準ずる行為であるものと思います。この卑劣な事故を一斉にマスコミが取り上げ、社会問題となりました。そしてこの事故をきっかけにして危険運転致死傷罪が成立することとなりました。

法律の整備は、すべて事実の後手になります。失った二人の尊いいのちは戻ることはありませんし、夫婦の無念、怒り、やり場のないこうした事実は、だれも被害者を救うことはできない。これを感じた時、私は心底法律の無力さを感じたのです。

弁護士になって法律の解釈で人を救うことはできても、ない法律そのものをつくることはできませんし、被害者が出る前に法律や条例をつくり、被害を予防することはできません。これに気付いた大学4年の時、私は明確に政治の道を志したのです。

危険運転致死傷罪成立後、飲酒運転は減少傾向にあるといわれています。この事故の前に危険運転致死傷罪があれば、もしかしたらあの事故は起こらなかったのではないか、そんなことを考えてしまします。しかし、現実には「もしも」は通用せず、法律改正には犠牲が伴います。一人一人は弱い立場であり、一人の力では何もできません。尊い犠牲を伴ってはじめて、立法が動いたのではないでしょうか。弱い立場の一人一人がもがき苦しんでいる様を見るのがとても辛い。だから助けたい。だから、こうした人の立場に寄り添い、共に戦っていくことこそ政治そのものであると考えています。

 

2.法律弱者を救う。行政書士としての挑戦

弁護士を志し、司法試験を受験していたもののこの試験はなかなか大変で、2回挑戦しましたが惨敗。ただ、「生きた法律」をしらなければ法律を変えることはできないとの思いもあり、隣接法律職の行政書士になりました。大学院1年の時に行政書士事務所を開業。大学院に在学しながら、現在まで12年間行政書士として法律の世界の最前線で活動しています。自賠責等級異議申し立てなどの交通事故法務、遺言・相続、クーリングオフを活用した悪徳商法対策や企業法務、外国人の入管業務、国内外企業の法律的・行政事務的コンサルなど幅広い分野で、まさに「生きた法律」を目の当たりにしながら仕事をしてきました。留学経験を生かし、英語で業務を進めることも日常的にあります。こうした点で、諸外国の経営者、法律・会計人とのやり取りが自分を国際的にも強くしてくれたように思います。また、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士などと連携し、難しい法律案件をこなすことも多々あります。ただ、その根底にあるのは弱者救済の視点。法律を知っていれば回避できるトラブルも、これを知らないがために不利益を被ることはたくさんあるのです。私はこうした法律弱者のための救済も、私のライフワークであると考えています。信頼する私の仲間、弁護士などの士と連携し、法律で人を救う活動を進めて参ります。

 

3.「法律」だけでは救えないいのちがある 板橋区に心の「ひかり」を求めて

私が経験したものの中には、残念ながら救えなかったいのちがあります。弁護士などと協力し債務整理を行って債務を消し、法律的には再起できる環境を整えつつある方がいました。しかし、最後自ら命を絶ってしまった方々がいます。さぞかし無念であったかと思います。苦しみから早く逃れたかったのだろうと思います。私はいまでもその人たちの顔を思い出します。

法律家は「法律的解決」の専門家であり法律的解決=その方の根本的問題解決と思いがちです。しかし、それは大きく誤っています。法律的な解決はその方の問題の一つに過ぎず、多くの場合精神的にも、肉体的にも疲弊し、生きる気力を失っている場合があります。生きる気力を再度手にするためには、心に「ひかり」が必要です。心のひかりとは生かされていることへの「感謝」であり、生きるための「希望」であり、他人を思いやる「きもち」など他への「愛情」だと思います。

私は行政書士という法律家の一人として、区議会議員という立場として、現代に失いがちな心の「ひかり」を養える環境を区民一人一人に作っていきたいと考えています。幼稚園、学校での教育、職場、や地域での活動、家庭での家族の在り方。様々な場面で人がつながるこの社会全てが実践の場となります。政治ができる「人づくり」を行政はもとより教育、福祉、介護、障がい者福祉、子育て、産業などあらゆる分野に行き渡らせ、精神的弱者をなくす環境を作りたい。

相手は自分を映す鏡、その鏡がいつも笑顔であるよう自分自身の知識とおもいやりの心を耕していきたいと思います。

 

4.板橋区移住者だからこそわかる 板橋区の善し悪し そして板橋区の進化を目指して

私は横浜市磯子区出身です。美空ひばりさんが幼少期に過ごした場所でもあり、港が近く、横浜でも下町の雰囲気を残した街並みが特徴の地域です。私が板橋に足を踏み入れたのは2002年。大東文化大学大学院修士課程に入学したことがきっかけでした。この時、法律学専攻でありながら政治学の授業を受けられる貴重なコマがあり、迷わず政治学特殊講義として受講生に人気の「板橋区長・幹部職員による講義」を受けました。現職の区長や幹部職員の方の熱心な講義と区の施設の視察など、板橋区というまちと自治体に非常に興味を持ちました。これをきっかけに結婚後、28歳の時に横浜から板橋に移住することになりました。

私は赤塚地域に住んでおりますが、交通機関はメトロ、東武線、三田線、JRと「板橋はどこに行くにも便利だなー」とつくづく感じたものです。横浜とは明確に違う東京の利便性の良さを痛感いたしました。また、東京23区でありながら自然も多く、緑を感じながら生活できる都会のオアシス的なまちでもあります。

ただ、都会独特の悪さもあります。隣の部屋にだれが住んでいるかわからない人のつながりの希釈さ、慢性的な交通渋滞、開かずの踏切、高島平をはじめとした超高齢化地域、犯罪件数の多さなどなど…そして、行政の非効率さや議会改革の進捗度の低さ…。私が8年前に感じた板橋区に対する思いは善し悪し入り乱れていました。

せっかく住むんだったらいいまちにしよう!移住者だからこそ発信できる提案をしっかり行い。地元出身の方にも理解して頂きながら区民一丸となってやってやろうじゃないか。そう考えたのです。板橋に住み始めてから10年、初当選から8年、行財政改革をはじめ様々な提案を行い、議員として活動を続け成果を上げて参りました。すっかり地元板橋区民として定着していますし、板橋を愛しています。私の子供にとっては故郷が板橋区。すべてのいたばし区民に、そして愛する妻とわが子に、誇りあるいいまちに住んでほしい。この思いを持ち続けながら、今日も板橋区のために働いて参ります。

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.