本日は、上板橋~中板橋~大山で、街頭区政報告を行いました。特に、大山の商店街は、東京都の事業である「特定整備路線(補助26号線)」にかかることから、人の流れが変わってしまうことが予想されます。木造住宅密集地域の整備地域である大谷口周辺地域の防災性が向上することが期待されていますが、人の流れが分断され、商店街としての機能が失われてしまうのは板橋区にとって痛手です。商店街の活性化と地域の防災性とが両立できるよう考えていきます。